公立と私立の違い

最近の受験傾向として中学受験が流行しています。
そのため、親が小学校の低学年ぐらいから中学受験に向けての進学塾探しを始め、遅くても小学校3年生までには入塾をして受験に向けての勉強を始めます。
少子化により教育関連の企業は子供獲得のためにどこも必死で、塾業界や教育業界もその煽りをうけているのも事実です。
本来ならば地元の公立中学校に入学するはずですが、最近では保護者の公立中学校に対する不信感が大きく、子供を中学受験へと向かわせているのです。
不信感は、公立中学校自体の教育環境に関係しています。

まず教師の質の問題です。
公立中学校の教師は公務員であり、およそ3年で転勤するシステムで、教師自身の評価基準がなく、公立中学校には私立中学校のように教師自身を教育する体制ができていないのが現実です。
また教師の中には校外学習で習っているからという前提での授業の進め方をするため、教師の熱意が生徒に伝わらないこともあります。
高校受験の内申書で教師が好みの子供を優遇する傾向もあり、受験システムに不安や不信を持っている保護者も多くいます。

またその公立中学校の地域性もあり、学級崩壊や問題を起こしそうな子供たちが通うことになる公立中学校には我が子を通わせたくないと思う保護者がいるのも事実です。
このように中学受験にはそれぞれの思惑が存在しますが、受験するのは子供たちですから、人間形成が培われる時期での中学校選びは子供の意思を踏まえて慎重に選びたいものです。